小嶺イズムの継承者、スペインで得た知識と確信・最終回

バルセロナは“蹴球馬鹿”が集まる街だ。バルサのフットボールに魅了され、ある者は休学し、ある者は職を辞してこの街にやってくる。中でも多いのが指導者。近年は現地で学んだ監督たちが続々と帰国し、日本で活躍しはじめている。

最終回はRCDエスパニョール・ジャパンアカデミーでの活動内容と、今後の展望について聴いた。

(取材・文=工藤拓)

スペインと日本の小学生年代は変わらない

選手、指導者として高校サッカー界の名将の下で学び、スペインでその見識をぐっと広めた。その彼は現在、埼玉に拠点を置く「RCDエスパニョール・ジャパンアカデミー」の現場責任者として、小学生の指導を行なっている。

――スペインの子どもを指導した経験をとおして感じた、日本との違いは

「率直な印象として、日本人もスペイン人も小学生年代は変わらないなと。日本人は発言できないとか、主張できないと言われるじゃないですか。でも小学生はがんがん言ってくるんですよ。子どもたちの性質はスペイン人と変わらない。だから、スペインでやっていた指導を日本人に合わせて変えるっていうことはあまりしていないですね」

――日本にないサッカー用語も多いが、どう補っているのか

「例えばペルムータ※1なんかはそのまま使っています。エスパニョールに来ている子たちは結構そういうのを求めているので。バルサスクールと掛け持ちで来ている子もいるんですよ。そういう子だと、コンドゥクシオン※2とかレガテ※3とかはもうバルサでも学んでいるので、言葉に関してはあんまり苦労していないですね。気をつけているのは用語だけが先走らないように。それはこういうプレーだというのをちゃんと身につけさせるようにはしています。そっちの方が大事だと思うので」
※1ペルムータの説明は第3回を参照
※2コンドゥクシオン:ボールを運ぶドリブル
※3レガテ:相手の裏をとるドリブル

――アカデミーの特色は

「本家のエスパニョールのメソッドを使って、攻撃3つ、守備3つ、合わせて6つの個人戦術を1年間で覚えましょうというプログラムを組んでいます。4〜7月は攻撃でいうとアンプリトゥ※4、守備でいうとマーク。9〜12月でプロフンディダ※5とカバーリング。1〜3月でデスマルケとペルムータというのを大きなテーマとして。来てくれている選手たちが、今月は何を学んでいるのかはっきり分かるように作っています」
※4アンプリトゥ:幅(横方向へスペースを生み出すアクション)
※5プロフンディダ:深さ(縦方向へスペースを生み出すアクション)

――選手の反応は

「結構見るポイントが絞られるので分かりやすいですね。選手が何を学んでいるのかはっきり分かるので。ただ、そればっかりをやるわけにはいかない。サッカーは集団競技なので。例えばマークでも、CBがするマークとFWがするマークは変わってくるので、そういうところをシチュエーションに合わせてトレーニングするようにはしています。そうするととても1年間じゃ終わらないんですけど、それを年代やレベルに合わせて作っています。選手たちにも、いろんな状況があるから一つずつ頭で覚えていきましょうと伝えてやっています」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

吉住貴士

吉住貴士(よしずみ たかし)/1986年生まれ。長崎県平戸市出身。国見高―鹿屋体育大卒。長崎総合科学大学附属高サッカー部コーチを5年間務めた後、2013年に渡西。バルセロナの町クラブで育成年代の指導に当たりながらスペイン指導者ライセンスのレベル2(日本のA級に相当)を取得。17年の帰国後はスペイン1部RCDエスパニョールが開校したジャパンアカデミーの責任者として本場のフットボールを伝えている。