「みんなはどう思う」コーチングに選手はついてこない!?チームの一体感を高める指導者の在り方

主体性を持たせたコーチングは、サッカーにおいて重要です。ピッチの中でプレーする選手を第一に考える、プレイヤーズファーストの観点からみても、自ら考えて行動に移すことができるように、指導者は心がける必要があります。

トレーニングや試合のなかで、指導者が選手に問いかけることがあります。問いかけることで、選手は受け身の状態から、能動的な姿勢に変わるからです。

しかし、その問いかける指導を行う前に、指導者と備えておかなければならいことがあります。

メソッドと哲学を持つことが指導のベースになることを認識しよう

世界のトップリーグで指揮を執る監督は、揺るぎない自信と魅力ある人格を兼ね揃えています。選手と同じく、監督もプロフェッショナルな立場。成績が思わしくなければ解雇になる厳しい世界のなかで、的確な指揮や堂々たる立ち振る舞いに、多くの人が尊敬の念をいだきます。

また、とくに海外の監督で特徴的なのが、インタビューの受け答えです。ある監督は理論的に答え、他の監督は哲学者のように語ります。彼らの口からでる魔法の言葉がすべて理解できなくても、一つひとつのフレーズに学ぶべきエッセンスが凝縮されているのを感じ取ることができます。

さらに彼らは、オリジナルのトレーニングメソッドを確立、または構築する力を持っています。そうでなければ、毎年変わる選手を短期間でチームにし、結果を残すことはできません。

オリジナルのメソッドと哲学を持たなければならないのは、なにもトップリーグの監督だけではありません。ジュニア世代を教える、街クラブの指導者にも同じことが当てはまります。

指導者とは字のごとく、向かうべき目的を指し示し、選手を導く人のことです。規模は違えど、メソッドと哲学がなければ、選手たちによい指導を行うことはできません。

海外のクラブであれば、よい指導ができない場合、解雇という結果がつきます(下部組織の指導者も当てはまります)。そのため、海外の指導者はプロフェッショナルとして努力する環境があるため、自ずと高い指導力をもつ指導者が生まれるサイクルとなっています。

日本の場合、部活の先生がチームの不振で解雇されることはありませんし、街クラブでもそう多くなないでしょう。体制に関しても、Jクラブの下部組織のように、育成部を設けて第三者の視点から現場の指導者を評価しているクラブも、多くはありません。

選手もひとりの人ですから、魅力があり「サッカーとはこうなんだよ」、と導いてくれる指導者のもとでプレーを重ね、サッカーの本質と楽しさを理解していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA