世界に負けないための「腕テク」と試合環境を考えよう

サッカー選手にとって、体の中で一番に意識をする部分は脚でしょう。フィジカルの側面でいうと体幹が挙げられるかもしれません。しかし、世界のプロフェッショナルのプレーを見ていると、脚や体幹の他に腕の使い方が非常に上手いことがわかります。腕は単に走る時に前後に振るだけにとどまりません。腕を上手く使うことで、相手より優位な状況に持ち込み、また自分の体を守ることができます。

攻守で先手を取るために欠かせない腕テク

・死角にいる相手も触って確認

プレー中に死角は必ずあります。ディフェンダーが頭を悩ますのは、相手選手が自分の死角をついてフリーになろうとすることです。コーナーキックやバイタルエリアに近いフリーキックで相手選手を自由にさせてしまうのは、ディフェンダーにとって致命傷です。

そんなとき、死角に入ろうとする相手の体に触れることで、ディフェンダーはキッカーの動作を確認しながら、マークしている相手の場所を把握できます。プロの試合のセットプレーのとき、ディフェンダーがマークしている相手に対して、どのように手や腕を使っているか観察してみましょう。ディフェンダーは腕を相手に伸ばし、常にどこにいるかを把握しようとしています。

・腕を相手の前に入れることでプレースペースが確保しやすくなる

相手と競り合いながらドリブルをしているときやルーズボールにアプローチするときにも、腕を使うテクニックが生きてきます。ボールを勝ち取るために大切なことは、相手とボールに間に体を入れることです。そうすることで相手のプレッシャーをからだ全体で防ぐことができますし、過剰な力がかけられた場合は相手のファールとなるからです。

体を入れるためにはじめに行うことは、相手の胸の前に腕を入れることです。腕を入れたら体を相手の進行方向にスライドさせていきます。お手本としてリオネル・メッシのプレーを参考にしましょう。170センチメートルと小柄なのにもかかわらず、大柄の選手との競り合いで勝てるのはスピードやアディリティーがある他に、この腕の使い方がうまいからです。ただし、相手に対して腕を使う場合は手でユニフォームをひっぱったり、胸に肘打ちをすることは反則になので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA