スキル向上のためのモチベーションの重要性~スペインリーガクラブの取り組み〜

近年、VAR(ビデオ・アシスタント・レフリー)の導入・採用、GPSで走行距離をデータ化できるウェアを身に着けてトレーニングを行うなど、テクノロジーの進出はサッカー界も例外ではありません。

テクノロジーが、これからもサッカーのあらゆる場面での登場が予測されますが、ピッチの上でプレーしているのは生身の人間。選手がポジティブにトレーニングに励み、試合で実力を発揮するには、コーチの接し方が大きな影響を及ぼしています。

そこで、スペイン在住の筆者がスペインサッカーコーチングライセンスコースLevel1の受講で学んだ、「モチベーションとトレーニング」についての話を紹介します。

ジュニア選手たちのモチベーションは外的要因も含めて考えよう!

受講時に使用した『モチベーションと集中力』をもとに筆者が日本語訳

教育論の授業で紹介された上記の図は、選手が技術を習得するまでのプロセスを示しています。サッカーのみならず、スポーツで上達をするためには6つの要素がスムーズに循環していて、その根底には図の上部に書かれている「モチベーション・集中力がある」が必要不可欠だと説いています。つまりこの2つが欠けてしまうと、「目的」「集中」などの要素を取り入れるうえでプロセスを踏むことが難しくなり、結果としてトレーニングの効果は下がってしまいます。

そのためスペインでは、特に育成世代の指導者にとって選手のモチベーションをどのようにコントロールできるかが大切だと言われています。身体・思考の変化に加え、環境の変化に感化されやすい育成年代の選手は、私生活での出来事がサッカーに影響を与えることが多くなります。そのため、学校生活や家族との関係など非常に敏感な時期に、周りにいる大人からの言葉が、思わぬネガティブな思考へと働くことがあります。指導者はトレーニング前後の時間に意識してコミュニケーションを取るように心がけましょう。コミュニケーションは単なる会話ではなく、選手のポジティブとネガティブの要素を見つける大切なコーチの仕事です。コミュニケーションを取った上で、指導者はどのような言葉を選ぶべきか注意を払い、選手のモチベーションを上げていきましょう。

選手のモチベーションを上げたら、次に大切なことはトレーニング内容の設定・説明に移ります。ここが指導者の腕の見せ所です。レベルにあったセッションを組み、トレーニングの目標を明確にして、できる限り簡潔に説明しなければなりません。ここで冗長に説明してしまったり、レベルが高すぎるトレーニングを与えてしまうと、選手の集中力が切れる原因になってしまいます。余談ですが、スペインのトップ指導者は、声のトーンを変えて選手を指導することで、的確に選手の心に「刺さる」指導をしていると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

長谷川実広(はせがわ・まひろ) 神奈川県出身。SPF Sport Management S.L.国際部(スペイン・バレンシア)、バレンシアで外国人選手を対象にしたサッカー留学やスペイン人コーチ派遣などをおこなう企業にて日本マーケットを担当。 小学校からサッカーを始め、アルゼンチン、オーストラリア、スペインでプレー経験あり。語学力を生かしたサッカー通訳(スペイン語)や育成世代のコーチなども行う。 SPFインターナショナルサッカーアカデミー