スペシャリスト

スペシャリスト

ブラジルで体感したサッカーの原点を日本に。集まった人で楽しむ「オープンサッカー」の取り組み

サッカーは一つのボールさえあればできるスポーツです。世界で2億5千万ものプレー人口がいるのは、シンプルでいて白熱するスポーツであるからに他なりません。 そのサッカーが文化として根付き、人々の生活に溶け込んでいる国がブラジ…

スペシャリスト

一つの競技「ばかり」だと運動能力が低下する!?スポーツの原点から子どもたちの発達を考える

国内にサッカースクールが普及したことによって、選手はよりスキルアップができる機会を手にしました。世界の育成年代のコーチから、日本のジュニア(・ユース)の技術が高く評価される要因に、このスクールの存在が影響しているのは確実…

スペシャリスト

フットボール競技者が世界で一番多い国から学んだこと。指導者が思考すべき子どものための環境とは【ジュニアゲーム編】

第一回・二回・三回までは、選手・保護者・指導者のそれぞれの関わり方についてお話ししました。 第四回は「ジュニアゲーム編」です。日本では小学生年代のゲームが8人制になってから約5年が経ち、今では当たり前のように行われていま…

スペシャリスト

フットボール競技者が世界で一番多い国から学んだこと。指導者が思考すべき子どものための環境とは【保護者編】

「マインド編」では、指導者同士の関わり方や選手への接し方をお話ししました。 第三回は「保護者編」です。私は指導者という立場から、保護者の皆さんと関わっています。そこで感じることは、指導者と同じく、保護者は大切な仲間である…

スペシャリスト

フットボール競技者が世界で一番多い国から学んだこと。指導者が思考すべき子どものための環境とは【マインド編】

前回の初回記事は「準備編」という形で、日本のトレーニング環境における課題を説明しました。 第二回は指導者の「マインド」についてご紹介いたします。トレーニングは多くの人が関わることで、より楽しく、有意義な内容を作ることがで…

スペシャリスト

フットボール競技者が世界で一番多い国から学んだこと。指導者が思考すべき子どものための環境とは【準備編】

先日、「ドイツサッカーの育成文化をどう日本に落とし込むか」をテーマに、ドイツで指導者として活躍している中野吉之伴(なかのきちのすけ)氏と、トークイベントに登壇しました。 私は日本で活動している指導者として、「日本のフット…